さくら会の虐待防止に関する取り組み

障害者虐待とは
 平成24年10月から障害者虐待防止法が施行されました。この法律は障害者の尊厳を守り、自立や社会参加の妨げとならないよう虐待を禁止するとともに、その予防と早期発見のための取り組みや、障害者を現に養護する人に対して支援措置を講じることなどを定めたもので、障害者虐待を身近な問題としてとらえ、社会全体で支えあっていくという目的のものです。さくら会として虐待問題にどう向き合っているのか報告をさせていただきます。

虐待の定義とは
  ○養護者による障害者虐待
  ○障害者福祉施設従事者等による障害者虐待
  ○使用者による障害者虐待
 をいうものとされています。


障害者虐待の具体例
区分 内容 具体例

(1)身体的虐待
障害者の身体に外傷が生じ、若しくは生じるおそれのある暴行を加え、又は正当な理由なく障害者の身体を拘束すること 平手打ちにする、殴る、蹴る、叩きつける、つねる、無理やり食べ物や飲み物を口に入れる、やけどさせる、縛り付ける、閉じ込める、など

(2)性的虐待
障害者にわいせつな行為をすること又は障害者にわいせつな行為をさせること 性的な行為や接触を強要する、障害者の前でわいせつな会話をする、わいせつな映像を見せる、など

(3)心理的虐待
障害者に対する著しい暴言、著しく拒絶的な対応その他の障害者に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと 怒鳴る、ののしる、悪口を言う、仲間に入れない、子ども扱いする、無視をする、など

(4)放棄・放置
障害者を衰弱させるような著しい減食、長時間の放置、(1)~(3)に掲げる行為と同様の行為の放置等、養護を著しく怠ること 食事や水分を与えない、入浴や着替えをさせない、排泄の介助をしない、掃除をしない、病気やけがをしても受診させない、第三者による虐待を放置する、など

(5)経済的虐待
障害者の財産を不当に処分することその他障害者から不当に財産上の利益を得ること 年金や賃金を渡さない、本人の同意なしに財産や預貯金を処分・運用する、日常生活に必要な金銭を渡さない、など

対象となる障害者
障害者虐待防止法の対象となる障害者は、身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含みます。)、その他心身の機能の障害がある人で、障害及び社会的障壁により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にある人とされています。障害者手帳を取得していない場合も含まれます。

虐待者、被虐待者本人の「自覚」は問わない
虐待が発生している場合、虐待をしている人(虐待者)、虐待を受けている人(被虐待者)に自覚があるとは限りません。虐待者が、「指導・しつけ・教育」の名の下に不適切な行為を続けていることや、被虐待者が、自身の障害の特性から自分のされていることが虐待だと認識していないこともあります。
 また、長期間にわたって虐待を受けた場合などでは、被虐待者が無力感から諦めてしまっていることもあります。
※東京都福祉保健局 障害者虐待とはより抜粋

さくら会の取り組み
さくら会として、当初は障害者虐待防止法が施行されたことに伴い、パンフレットの紹介や虐待防止センターが自立生活支援センター内に設置された程度の認識であり、自分自身のこととして捉え、しっかりと向き合っていくという意識は低かったかもしれません。これは、私たちの組織には虐待をする職員などいないという気持ちが強かったからです。
しかしながら、障害者虐待を虐待という言葉に捉われるのではなく、利用者支援の視点に立ち、様々な利用者理解のスキルを向上させ、ケアの質を高めることが、結果的に障害者虐待の防止になることだと認識し、組織的に虐待防止のための取り組みを開始することとなりました。

虐待防止への組織としての取り組み
支援力の向上
 さくら会では日中活動の場、生活支援の場、相談支援の場等様々な事業所を運営しています。虐待の定義において、そこに従事する職員は「障害者福祉施設従事者等」と定義される人たちです。何故、従事者が定義されるのかというと、対応に苦慮する行動が発出されたときに、そのことに冷静に対応できる支援力が備わっていない場合にイライラ感が募り、虐待といわれる行為に及んでしまうからです。そのため、さくら会としてはその支援力を向上させるため3年ほど前から、外部講師を招聘し定期的な研修を実施しています。
現場の職員は、日々利用者と接しているため、経験値の中での支援力が積み重ねられています。この支援力に外部講師の専門的見解が加わることにより、より重厚な支援力が構築されることになるからです。単一であった利用者の捉えを多面的に捉える視点の持ち方など理解をし実践していくという研修を行っています。

メンタルヘルスの取り組み
 支援力を向上させることはとても大切なことですが、それと同時に職員の心的な負担を軽減させることも大切なことです。「心の健康」を意識して、自分自身のストレスを理解し有益な仕事につながるよう、外部機関によるストレスチェックを実施しています。

虐待防止委員会の設置
 法人として、組織的に虐待防止の取り組みを行っていく目的として、令和元年(2019年)10月に虐待防止委員会を設立しました。委員の構成は、理事長、理事、各事業所所長、利用者・家族代表、苦情解決第三者委員としての外部機関委員を中心とし、具体的な内容として、虐待防止研修の実施、虐待に関する通報連絡先や苦情受付先の啓発、ヒヤリハット報告の活用、虐待防止のためのセルフチェック実施等の取り組みをしています。

さいごに
 さくら会は、当事者の地域における生活を支える事業所を数多く運営しています。利用される皆さんが安心して過ごせるように常に利用者視点に根ざした支援が重要です。その内容には常に虐待を防ぎ、しない、見過ごさないという姿勢が大切だと考えます。
 今後は、さくら会は虐待などないすばらしい組織なんだという考え方を捨て、しっかりと
虐待防止の取り組みを実施していく組織として地域に根ざしていきたいと考えます。

2020年10月16日